小島繁樹:フィールドカスタマーサクセスエンジニア

20180914DataRobot繝ェ繧ッ繝ォ繝シ繝・180914_090

−−担当している業務内容について

技術的なサポートです。ユーザ様が実際にDataRobotを利用することを助けたり、システムのトラブルを解決するといった一般的なサポートにとどまらず、DataRobotを稼働させる前に必要なシステムインテグレーション、インフラ環境の提案、コンサルティングも行います。導入後はお客様、パートナー様と定期的に状況を連携し、問題になりそうなこと先回りして解決策を提案したりします。お客様だけでなく、パートナー企業、また当然、社内のメンバーとも密接にコミュニケーションを取って、仕事を進めています。また、お客様向けトレーニングの講師を定期的に担当することもあります。仕事の幅はとても広いです。

−−これまでの経歴は?

国内のシステムインテグレーターに10年勤務し、インフラ導入、技術開発、BI、データウェアハウスのプリセールス、クライアント企業の統計解析、モデル開発などを担当しました。その後、外資系企業でデータウエアハウスのプリセールスのエンジニアをしていました。当時は、啓蒙活動としてセミナー等でもよく登壇していました。

−−DataRobotに入社した経緯は?

転職活動中に、前職の上司だった原沢にオファーされました。その時は、すでに他の会社に内定している状況で最初は断ったのですが、一度だけでも話しをしたいと言われ、会ってみることにしたんです。すると、その後たった数日で採用プロセスが進み、CEOとの面接も終え、内定に至りました。ほかの会社で数カ月かかることを、たった数日で決めてしまう文化のスピード感と迫力に圧倒されたのが一つの理由です。あとから知ったのですが、この期間で採用プロセスを終えたのは、DataRobotとしても異例だったようです。

--DataRobotの仕事でやりがいを感じるのはどこか?

「DataRobot」は、サブスクリプション契約での導入です。そのため、お客様は不満を感じればすぐにその利用を停止することができます。そのため、お問い合わせに対してはお客様の期待値を超えた満足をいただけるサポートを提供し続けることを目指しています。

DataRobotのコアバリューの一つに、「Provide fanatical support to customers and users(ユーザーに熱狂的なサポートを提供する)」という言葉があります。お客様には「問い合わせをして、解決できた」ではなく「問い合わせをしたら、期待以上の返答に驚いた」と感じてもらえるように心がけています。

また、小さな会社なので社内に国、地域の垣根がなく、主体的に動けばそれが組織全体に影響することもやりがいの一つです。日本発の取り組みとして、ユーザの製品利用を推進する仕組みを作りましたが、それはグローバルでも活用されることになりました。良いアイデアはすぐに世界で共有されます。時には、そのまま製品機能として実装される事もあります。

そのため日本の先進的なユーザ様の要望を整理し、それを機能として実装していくために製品開発チームと連携して動くこともよくあります。

20180914DataRobot繝ェ繧ッ繝ォ繝シ繝・180914_084

--どんな人と一緒に働きたいか。

お客様に意識が向いていて、お客様を成功させよう、と本気で思っている人ですね。通り一遍のサポートではなく、たとえ技術的に解決できない問題でも、違った視点から解決策を探し続けられるような人。DataRobotはこれからどんどん成長します。その成長を当事者として感じ、支える必要がありますし、そしてそれはとても魅力的だと思います。

web